...

The Man who Saved the World

~世界を救った男~

Petrov in 2016

 

おそらく、生きているすべての人がこの男に対し、感謝すべきことがあります。その理由を知るために40年前に遡ってみましょう。

40年前、アメリカとソビエト連邦は冷戦が続いている状態でした。この時期に生きていなかった人にとっては、当時の雰囲気がわかりにくいかもしれません。 1979年、NATOはソビエト連邦を直接狙った108発の核ミサイルを西ヨーロッパに配備することを決定しました。これらのミサイルは、広島と長崎に投下された爆弾よりも100倍強力な弾頭を搭載していました。したがって、そのような爆弾の1つで、東京全体を一掃する可能性があります。さらに、1981年2月中旬から1983年にかけて、米国はソビエト連邦で心理戦を実施しました。 「その戦略はとても大きな影響を与えました。」と、軍事援助と技術の次官であるウィリアム・シュナイダー博士は回想します。 「彼らは米国の心理戦によってとても困惑していました。飛行隊はソビエト空域を直進し、レーダーが点灯し、部隊は厳戒態勢に入り、そして最後の瞬間に飛行隊は離れベースに帰ります。」ソ連はパーシングII(弾道ミサイル)に対する防御能力がなく、ソビエトの指揮官たちは米国がソ連に対する秘密の核攻撃を準備していると信じていました。確かに、冷戦の核戦略の専門家であるブルース・G・ブレアは、1983年にはソビエト連邦のシステムは攻撃を予期し、それに非常に迅速に報復するように調整された状態にあり、米ソ関係がそれほど悪化していたと述べました。それは即刻警戒態勢状態であり、非常に神経質で、間違いや事故を起こしがちでした。
 

スタニスラフ・イェフグラフォビッチ・ペトロフ(1939年9月7日– 2017年5月19日)はソビエト防空軍の中佐であり、1970年代初頭、NATO諸国からのミサイル攻撃を検出することを目的とした新しい早期警報システムを監督する組織に配属されました。
 
1983年9月26日、ペトロフはモスクワ近郊のセルプホフ-15掩体壕で勤務中の将校であり、コードネーム「オコ」というソビエト早期警戒衛星システムのコマンドセンターを収容していました。ペトロフの任務には、衛星早期警戒ネットワークを監視し、ソビエト連邦に対する核ミサイル攻撃が差し迫っていることを上司に通知するという厳格な命令が含まれていました。本国に向けられたミサイルが検出されたという通知が早期警報システムから受信された場合、ソビエト連邦の戦略は、米国に対する即時かつ強制的な核反撃でした。
 

真夜中過ぎのその夜、衛星とコンピューターシステムは、大陸間弾道ミサイルが米国の基地からソビエト連邦に向かっていると早期警報システムが感知しました。ぺトロフはその報告を誤報と判断し、上記のソビエト軍事指令に従わず、その代わりにペトロフは待つことにしました。その後、さらに4発のミサイルが次々と報告され、すべてソビエト連邦に向けられたが、ペトロフはコンピューターシステムが誤動作しているのではないかと疑い、ソビエトレーダーが攻撃を確認または非確認できるまでもう一度待つことにしました。これを行う際に、ペトロフは、彼が間違っていた場合、5つのソビエト都市が完全に破壊され、ソビエト軍が報復することを知っていました。その後、第三次世界大戦が始まり、これは間違いなく核の冬につながり、そして人類全体が絶滅する可能性があるということも予測していました。

個人の役割として、ペトロフは衛星監視装置を監視し、指揮系統の上層へミサイル攻撃の警告を報告することが唯一の任務であったため、ソビエトのミサイル兵器を単独で発射することはできませんでしたが、ソビエトのトップ指導者に情報を提供することにおいて、彼の役割は極めて重要であり決定力のあるものでさえありました。したがって、ペトロフがアメリカのミサイルの到着を報告した場合、「トップの指導者は攻撃が開始されたと報告を受けてから報復の決定を下すのに、数分しか与えられない。」警報システムが誤動作しているというペトロフの疑惑は、ほんの数分後、ソビエトレーダーが実際にミサイルが発射されなかったことを合図したときに確認されました。もし彼が間違いを犯したとしたら、ソビエトはミサイルが目標地に着陸するのを防ぐには遅すぎたでしょう。

 

2006年1月、ペトロフは米国へ訪問し、ニューヨーク市での国連の会議で表彰されました。この旅は、「世界を救った男」(The Man Who saved the world)のために撮影されました。デンマークのピーター・アンソニーが監督した作品であり、YouTubeで見ることができます。私が心からお勧めできる物語の特集とドキュメンタリー映画です。 (ペトロフ自身からのその夜の出来事についてのコメントは、47分30秒から1時間30秒の間のセクションに英語の字幕で見つけることができます)。
 

ペトロフは、彼がその日に行ったことで(下した決断について)自分が英雄であるとは思っていません。 「私はたまたまその時にそこにいるべき人間だっただけ、それだけです。」10年間連れ添った妻はそれについて何も知りませんでした。「それで、あなたは何をしたの?」彼女は私に尋ねました。「何も。私は何もしてないよ」と彼は答えました。

 
 
 

トップ画像 / "https://en.wikipedia.org/wiki/File:Stanislaw-jewgrafowitsch-petrow-2016.jpg"より引用

このブログでは、大きく2つのパートに分けて様々なことを紹介していきます。

このブログの名前でもあり、1つ目のパートである’Out of the Blue’ではあまり知られていないことや、ちょっと変わった事柄について紹介します。2つ目は’A Good Idea?’というタイトルで、世界中に溢れる「ためになる情報」を様々な事例と共に紹介します。これら2つのパートは実際のレッスンでも使用しています。