...

Memorandum on Safety at the Tokyo Olympics (Part 1)

~東京オリンピックの安全に関する覚書(第1部)~

 

日本語訳は英文の下にあります。

 

Given: (1) that the International Olympic Committee (IOC) fully intends to hold the Olympics but that about 80% of the population of Tokyo would like to see the games either postponed again or cancelled;

(2) that the IOC and the Japanese authorities have promised to hold a ‘safe’ games, yet the world faces and will continue to face the threat of new COVID-19 variants, and that hitherto the biggest spreader of COVID-19 from country to country has been air travel;

And (3) the IOC’s commitment that ‘The Japanese people … should be confident that everything is being done to protect not only the participants but also the Japanese people themselves’ (The Playbook International Federations, IOC, p.31 (page numbers given hereafter will be from this playbook);

It might be worth considering whether or not to extend the rules in this recent playbook for the staff of the Olympic International Federations to every member of the following groups:

  • All foreign IOC staff (without exception)
  • All foreign dignitaries, VIPs and ‘guests’ of whatever kind (without exception)
  • All foreigners from sponsoring organizations (without exception)
  • The foreign media (without exception)
  • Foreigners in Japan on business (without exception)
  • Foreign tourists (without exception)

 

The Rules

 

The visitor must:

Take a test approved by the Government of Japan within 72 hours of the departure time of their flight to Japan (the first flight if they are on an indirect route). Currently, approved test types (saliva or nose and/or throat swab) are real time PCR, nucleic acid amplification (LAMP), and antigen (CLEIA) tests, and be ready to present their negative test result to the Japanese immigration authorities when they arrive in Japan. (p.14);

Avoid enclosed spaces and crowds where possible (p.6);

Not sing or chant (at Olympic events) (p.8);

Not use public transport (p.11);

Prepare a list of all the people they expect to have close contact with during their time in Japan (p.11);

Complete an activity plan for the first 14 days of their stay, which they will need to share with the Japanese authorities. (This) will include

  • All their planned activities
  • Where they will travel, restricted to Official Games Venues, their accommodation and limited additional locations. ((Note that they must not visit tourist areas, shops, restaurants or bars, gyms, etc.)
  • How they will travel
  • Where they will stay. (p.13 and p.24)

Avoid unnecessary forms of physical contact such as hugs, high-fives and handshakes. (p.24)

 

This part of the memorandum does not discuss what will be required to ensure the ‘safety’ of the thousands of Tokyo residents (and their families/households) who will be expected to serve the visitors above both at the Olympic village and elsewhere as volunteers or otherwise. Nor does it address the question of what should be done in cases where a visitor breaks these rules. These two issues will be dealt with at a later date in part 2 of this memorandum.

 

 

下記を考慮すると:

(1) 国際オリンピック委員会(IOC)はオリンピックの開催を全面的に意図しているが、東京都民の約80%が競技の再延期か中止を希望していること。

(2) IOCと日本の当局は「安全な」大会の開催を約束しているが、世界はCOVID-19の新種の脅威に直面しており、今後も直面するであろうこと、これまでのところ、国から国へのCOVID-19の最大の拡散源は航空旅行であったこと。

(3) 「日本国民は...参加者だけでなく、日本国民自身を守るための対応がすべてが行われていることを確信すべきである」という IOC のコミットメント(The Playbook International Federations, IOC, p.31 (以下のページ番号はこのプレイブックのもの)。

 

オリンピック国際連盟のスタッフに対する最近のプレイブックのルールを、以下のグループのすべてのメンバーに拡大するかどうかを検討する価値があるかもしれない。

- すべての外国の IOC スタッフ(例外なく)

- 外国の要人、VIP、あらゆる種類の「ゲスト」(例外なく)

- 協賛団体の外国人全員(例外なく)

- 海外メディア(例外なく)

- ビジネスでの在日外国人(例外なく)

- 外国人観光客(例外なく)

 

ルール

 

訪日者は必ず下記に従うこと:

日本へのフライトの出発時刻から72時間以内に日本政府が承認した検査を受けること(直行便でない場合は最初のフライト)。現在、承認されている検査の種類(唾液または鼻・咽頭スワブ)は、リアルタイムPCR、核酸増幅(LAMP)、抗原(CLEIA)検査であり、日本に到着した際には、陰性の検査結果を日本の入国管理当局に提示できるように準備しておく必要がある(p.14);

閉じ込められた空間や人ごみを可能な限り避ける(p.6)。

歌ったり、歌ったりしない(オリンピックイベントでは) (p.8)。

公共交通機関を利用しない(p.11)。

日本滞在中に親しい人と接触することが予想される人のリストを作成する(p.11)。 

滞在期間中の最初の14日間の活動計画を作成し、日本の当局と共有する。これには以下が含まれます。

- 計画しているすべての活動

- 移動場所は、公式競技会場、宿泊先、その他の限られた場所に限られる。(観光地、ショップ、レストラン、バー、ジムなどは訪れてはならないことに注意)

- 移動方法

- 彼らが滞在する場所 (p.13、p.24)

 ハグ、ハイタッチ、握手などの不必要な身体的接触を避ける。(p.24)

 

この覚書の部分では、オリンピック村やその他の場所でボランティアやその他で上記の訪問者に奉仕することが期待されている何千人もの東京都民(とその家族・世帯)の「安全」を確保するために何が必要かについては議論されていない。また、訪問者がこれらの規則に違反した場合にどうすべきかという問題にも対処していない。この2つの問題については、後日、この覚書の第2部で扱うことになる。


 


このブログでは、大きく2つのパートに分けて様々なことを紹介していきます。

このブログの名前でもあり、1つ目のパートである’Out of the Blue’ではあまり知られていないことや、ちょっと変わった事柄について紹介します。2つ目は’A Good Idea?’というタイトルで、世界中に溢れる「ためになる情報」を様々な事例と共に紹介します。これら2つのパートは実際のレッスンでも使用しています。